2011年05月30日

肘内障

◯斗くん 001.jpg先程来院された◯斗くん。


肘内障でした。整復は一瞬。


少し表情は固いですが、ピースをしてくれました。


あまり泣くこともなくやりやすかったです。


◯斗くん、えらかったな〜
posted by masa84 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 肘内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

肘内障

今日は4歳の女の子の話。

その女の子が家に帰ってお母さんに伝えたことを想像してみました。

 あのな今日な保育園でお昼ごはん食べる前にな、先生が抱っこしようとしたから逃げようとしてん。ほんなら手がギュってなって、ものすごい痛くなってきてん。めちゃくちゃ痛かってんで。でも〇〇◯頑張って泣けへんかってん。先生はびっくりして園長先生を呼んできてすぐに病院に電話してたわ。ほんでな、すぐに近くの病院に連れていかれたら、そこで白い服着たおっちゃんが色々聞いてきて「どうしたん?手痛いの?かわいそうやな〜。すぐ治したるからな〜。」って言いながら痛い方の手を無理にギュって曲げてんやんかー。〇〇◯めっちゃ痛かってんで〜。でも泣けへんかったで。あのおっちゃん多分病院の先生やわ。すぐ治ったもん。今度また手が痛くなったら、あのおっちゃん先生とこいくわ!


って言ってくれてたらええな〜と思った今日の午前中の出来事でした。
posted by masa84 at 12:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 肘内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

肘内障

今朝一番の患者さん治療中、表から子供の泣き叫ぶ声が・・・しかも段々と近づいてきて、その声が院の中に入ってきました。「また肘内障か。」肘内障とは骨の未発達な乳幼児の脱臼の一種で、脱臼といっても大人のそれとは違い、肘の下の親指側の橈骨という骨が靭帯から外れているだけなので整復は非常に簡単です。泣き叫んで力をこめる子供の扱いにてこずる事はありますが・・・。乳幼児が痛がって手を動かさない場合、たいていはこの肘内障なのですが、大切な事は決め付けずにしっかりと発生機転を聞き、骨折との鑑別が重要で、私も開業当初同じような症状で鎖骨骨折がありました。知らぬ間に子供が泣いていた、椅子や机から肩から落ちた、抱っこしようとしたら異常に痛がった・・などの場合は骨折を疑わないといけません。この子の場合も発生機転があいまいでしたが、なんの事無くただの肘内障でした。整復時間は2秒。治ったあとの子供の笑顔はいつ見ても最高ですね。
posted by masa84 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 肘内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

肘内障

うちの院の近くに保育園がある関係で、結構肘内障を診ることが多く、この間も男の子が腕を引っ張られて手が挙がらなくなったと、先生が連れてこられました。柔道整復師なら簡単に治せる典型的な肘内障なので、施術中でしたが「すぐ終わります」とその場を離れたのですが、急いでいたせいか、とう骨頭を押さえる力が強くそれが園児に伝わったようで、ものすごい力で抵抗されました。あまり時間をかけるわけにもいかず、とりあえず包帯で固定して、一時間後またきてもらいました。するとあっという間に整復完了。治療の基本力を抜かせる、自分も力を抜くというのを、再確認しました
posted by masa84 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 肘内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする