2008年11月18日

足関節捻挫

バレーボール練習中相手の足の上にのって足関節を捻挫した方が来られました。典型的な内返し捻挫で、前距腓靭帯と二分靭帯を損傷していました。腫れがきつかった為アイシングをし、患部から遠いところから緊張をとり、患部はゆっくりそっと指頭静圧を加えていきます。初日はちょっと楽になった程度で、患側の足に体重をかけられるほどには改善しませんでした。二日目、ずいぶん楽になったとのことで、緊張を取った後、動作転位を試す。やっと足をつけるようになった。三日目、話を聞くとどうやらバレーボールの練習に行って来たらしい。ジャンプした時に違和感がある程度で問題ないようだ。一連の治療をし、三日後にもう一度診せにくるようにいって終了しました。帰り際こんなすぐに治るとは驚きです。といってかえられました。なによりうれしいお言葉を頂き、私もありがたかったです。彼女は三度目の捻挫で、今までは治療に通っていても、三週間は練習に復帰できなかったそうです。早期復帰のお手伝いができて、非常によかったと思っています。
posted by masa84 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 足関節捻挫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする