2011年03月15日

腰椎椎間板ヘルニア

40代女性。2週間前に腰をかがめた瞬間、腰と右側の臀部に激痛が走り、その日は一日動けなかったが、翌日少し動けるようになったので、整形外科に行きレントゲンを撮ると、「ヘルニアの可能性がある」

ドクターにMRIを勧められたが、本人の希望で鎮痛薬で様子をみることになった。

その後右足を引きずりながらも歩けるようになるが、いまだ日常生活に支障をきたすということで、友人の紹介で来院された。

初診時、確かにSLR40度で患側の母趾背屈力低下という事からヘルニアが疑わしい。

前屈は45度、右回旋で疼痛。特に後屈はほぼ不能の状態。

こういった場合、始めの治療肢位は右側臥位で行う。
比較的表層の広背筋、最長筋、腸肋筋、大殿筋、中殿筋などをざっくりと緩めていく。先日の勉強会で肩甲骨の動きを重要視されていたので、そのへんも確認しながら大円筋、菱形筋まで触っていく。
この後重要な腰方形筋、多裂筋、梨状筋、仙結節靭帯を緊張状態を見ながら丁寧に緩め、骨盤を操作していくと、この時点で動作がかなり改善し、反対側もざっくり緩め、立位で確認するとかなり楽になっている様子。ただ後屈時痛がまだ残っているので、大腰筋を仰臥位でじわ〜っと緩めていく。立位でまた確認すると、さらに後屈の可動域が出てきた。

が、この時点でタイムオーバー

もう少しやりたいことがあったのですが、患者さんはかなり楽になったと喜んでおられたので、昨日はそれで終了としました。

診断に迷いはなくなってきましたが、時間の短縮がこれからの課題ですね
posted by masa84 at 12:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 腰椎椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

腰部椎間板ヘルニア

腰部の椎間板ヘルニアの治療は難しいです。たくさん経験はしましたが、治らなかった症例もあります。ただ毎回いろんな発見があり、日々成長しているとは思います。最近は椎間板の損屈だけの治療では改善せず、股関節をじっくり施術すれば、改善する症例が多々ありました。股関節(骨盤帯)周辺は非常に腰椎に影響する筋肉が多く、ここをしっかり緩めておかないと、痛みの戻りがあったり完全にとりきれない事があります。緩め方に関しては、試行錯誤を繰り返していますが、触圧覚を勉強したことにより、自然形体の手法がかなり生きてきたように思います。
posted by masa84 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰椎椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

腰部椎間板ヘルニア

年末足をひきずって来院された40代男性。整形外科でヘルニアの診断を受け注射が効かず、手術を示唆されたため怖くなって治療に来られました。初診時は強い痛みのため、積極的な治療は行わず3割程度の改善で、一週間後の年始1月4日にある程度動けるようになってきたので、ヘルニアに対しての積極的な治療を行いました。ヘルニアの治療で大事なのは、症状が消える腰椎の角度を探す事です。見つかればその角度で筋肉の緊張をとり、牽引をかけていくだけです。これがはまればおもしろいように治っていくんです。結局この男性は1月5日から仕事に復帰し、昨日の治療で痛みがなくなったため終了としました。この方は私の指導のとおり、睡眠時間を守り自己療法をおこなって頂きました。やはり治療はお互いの信頼関係が非常に重要なのです。
posted by masa84 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰椎椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

腰椎椎間板ヘルニア

先月から体幹の後屈と左足に荷重がかかった時に左臀部から大腿後面、下腿外側に放散痛さらにひどい時はじっとしていても下腿に強い痛みがあり、椎間板後面の損屈の治療を4回行いましたが、一進一退で、その方は看護師さんなんで、勤造先でMRIをとってもらうようすすめると、4/5間のヘルニアであると診断されたようで、一昨日竹田先生に診て貰いました。そして昨日来院された時には、半分ほどの痛みになり、今日の施術でほぼ痛みは消失しました。最初の4回の施術で痛みがあるのに腹臥位になってもらったこと、腹屈の力がやや強く緊張をあたえてしまったこと、しっかりと時間をかけて(楽な肢位で)起立筋の緊張をとらなかったこと、などが効果があがらなかった原因かと思います。しかししっかりと睡眠をとってもらい、正しい手法をとれば若い患者さんだけに、治りだすとはやいですねー。
posted by masa84 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰椎椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする