2017年04月20日

膝の痛み 半月板損傷

KIMG0605.jpg膝の痛み 半月板損傷 鵞足炎 水泳選手

何か月も、整形外科 整骨院をはしごして、その度に半月板損傷 鵞足炎 色々言われ
しかし全然治らない

「もう治らないのかな」とすごく不安を抱えられての来院

初回の治療から、かなり膝が曲がるようになり

「大丈夫ですよ、治りますよ」の一言に、ものすごく喜んでいた姿が印象的でした。

鵞足炎や半月板損傷などではなく、単純に股関節回りの緊張と膝 足関節軸のズレによるもので
根が深かった分、少し時間はかかりましたが、完全によくなりましたね。

あ〇かちゃん よかったね!
posted by masa84 at 09:09| Comment(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

膝裏の痛み

40代女性 キーパンチャー

膝蓋骨反復性脱臼 有痛性外脛骨 ぎっくり腰で当院の通院歴あり


前日仕事中、左膝の裏側に痛みを覚えたがそのまま我慢していたら、右の臀部から大腿部の後面まで痛みが拡がってきた。

来院時は、一人で歩けない 左の膝裏からふくらはぎにかけて、ちょっと触れただけでも激痛

座位になると、右の大腿部後面と左膝裏がジンジンとうずきだす


こういった場合、腰に問題がある事が多く

今回アプローチの順序として

@椎間板
A腰椎
B骨盤
C股関節
D膝関節軸

と進めていった。

結果的にDの関節軸の調整で劇的に回復した。



posted by masa84 at 11:14| Comment(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

超音波検査

超音波検査 002.jpg昨日はあるテニスプレイヤーの膝を超音波で観察しました。

なかなか難しいジャンパー膝やったので、どうなのか心配でしたが、腱の変性や炎症もなく、半月板も良好でした。

協力 みねちゃん 高槻から超音波をわざわざ持ってきてくれました。おもろないトークで患者さんを困らせてくれてありがとう。
posted by masa84 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

半月板損傷

声 001.jpg半月板損傷 43歳女性

手術をするかどうか迷っている最中に、高橋整骨院に通わせて頂き丸1週間。歩行困難だった左膝が曲げたり伸ばしたり可能になっています。筋肉や骨のしくみから丁寧に説明下さる先生で、心身共に良くなりました。又、夏よろしくお願いします。





この方は海外に住んでおられ、現地では手術を勧められたので、それなら日本で・・・という事で、帰国されました。

一応日本の整形外科の診察を受け、手術を検討している時、紹介で来院されました。

外側半月板の損傷で、完全伸展が出来ないため歩行困難でした。もちろん正座も出来ない。

1週間しか日本に居れないということやったので、まずは普通に歩行が出来るよう、完全伸展が可能になるよう集中する。

初回からかなり反応も良く、3日目には歩行では全く痛みがなくなりました。

腓骨の動きが悪かったので、それを修正したり、動きの中での関節軸を整えるとますます良くなっていき、最終的には正座も痛みなく出来るようになりました。

非常に治りたい意識の高い方で、変化が出るたびにものすごく喜んで下さるので非常にやりがいがありました。また夏には帰国されるようなので、お会いできるのを楽しみにしています。(来院せずにすめばそれに越した事はありませんが)

posted by masa84 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

膝の痛み

変形性膝関節症の70代女性。

整形外科でヒアルロン酸注射を数回行ったが痛みはおさまらず、整骨院 鍼灸院にも行ったが良くならず、「とにかく痛みなく歩けるようにして欲しい」と来院された。

確かに頑固な痛みで、最初の2回はあまり反応は良くなかった。

ただ少しづつ楽になっている感触はお互いにあったので、週三回の施術を3週間続けた。

毎回施術後の経過や生活を詳しく尋ね、治療ポイントを絞っていき、怪しいところを徹底的に行った。

その甲斐あって、まだ正座はできないものの、歩行では30分歩いても全く痛みがなくなった。

それで今日の会話

「〇〇さん良かったですね。今日で卒業です。また何かあればいつでも連絡下さい。」
と言うと、脱衣かごに入っているご本人の保温用サポーターを指さし、

「これが良うきいたみたいやな。良かったわ。」



・・・・・・・確かに。

サポーターも効果あったでしょう。
それ以上にご本人の自然治癒力が大きかったと思います。

でも・・・

何かさびしい・・・



と感じた一瞬でした。


posted by masa84 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

膝裏の痛み

足を引きずりながら来院された50代女性。3日前から歩行時と膝を曲げるときに膝裏が痛むとのこと。

歩行時の姿勢から安静時の姿勢、歪みをチェックし、膝の検査もひと通り行う。

靭帯や半月板の状態は良好で、水腫もねじれも無し。

屈曲時の膝痛でよく見かける膝窩筋の問題もなし。

膝痛にしろ股関節痛にしろ神経痛にしろ、下肢の痛みではまず骨盤を操作します。

骨盤の操作の結果で腰椎に対するアプローチを決定。

結果、この方の場合は骨盤の操作と、腰椎への手法〇〇を行い痛みが完全消失しました。

当然足を引きずって来院されたので、膝も触らずに全く痛みが消えるのですから、かなりの驚きだったようです。

今日念のためもう一度来院していただきましたが、全く痛みもぶり返していませんでした。

これやから治療家はやめれませんね〜。
posted by masa84 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

鵞足炎


◯乃ちゃん 001.jpg◯乃ちゃんはバスケットボールをする13歳の活発な女の子。先週木曜日に左足をついて歩けない程の痛みで来院されました。診察すると明らかな鵞足炎で内側ハムストリングスの過緊張がありました。鵞足に近い腱の部分にも圧痛があり、まずは遠隔の腸肋筋や仙結節靭帯などを緩めていきました。動作時にねじれもあったため、自動介助運動で修正を施し微調整を繰り返すと、歩行可能なまでには回復した。三日後の試合には短時間ながら出場出来たようです。昨日最後の調整に来られ、痛みは全くなくなったので少しの運動を許可しました。鵞足炎は膝のねじれなども影響しますが、結局はオーバーユースによるものがほとんどで、◯乃ちゃんは活発すぎるのでちょっと心配・・・
posted by masa84 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

膝の痛み

先日の勉強会で教わった膝の自動介助運動が、劇的に効果を発揮しています。変形性の膝関節症で足を引きずって来られたのが、大腿部の緊張をとった上でその自動介助運動をすると、全く痛みなく歩けるようになったり、オスグッドで膝の屈伸時にクリック音とともに痛みを伴う場合にも著効でした。

さらに仕事が楽しくなってきましたね〜
posted by masa84 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

膝に体重がかけられない


ハムストリングス.jpg




膝に体重をかけた時と、階段を降りるときに激痛がはしると来院された60代女性。急にこういった症状が出る時は、たいてい捻れか横ずれか動作転位を起こしていることが多く、すぐに結果が出るものですが、今回はかなり筋緊張が強くそれをしっかり取らないといけないケースでした。画像の内側ハムストリングスと臀部(特に〇〇)をしっかりと緩めていき、最後に骨盤のモビリゼーション。最近はこのパターンがやけにはまっています。この女性もすっかり何事もなかったように喜んで帰られました。

posted by masa84 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

膝の痛み

70代女性、今週に入って突然膝が痛み出したと来院。診ると明らかなO脚で、しかも痛みが内側関節裂隙にあり典型的な変形性膝関節症(膝OA)でした。歩行は前傾姿勢をされよちよち歩きのようで、とにかく痛いとのこと。初回徹底的に下肢の筋を緩めると、足が軽くなったと喜んで帰られました。2回目来院時は「治療してもらった日は楽だったが次の日にはもう痛かった」とのことで、初診時ほどではないがやはり足をひきずっておられた。ならばということで、少し積極的に関節の可動をつけていく。動作法を含め色々試すと「あ〜楽になりました」と帰られたが、3回目来院時、また次の日から痛くなったらしく、何かが違うとやっと気づき、腰の治療を加えた。特に側臥位で骨盤の調整と牽引〇〇をミックスしたオリジナルの手法を行うと、それが見事にはまりそれ以後は順調に回復し、現在はメンテナンスに月に一度の来院をされています。目先の変形や固定観念に囚われていてはまだまだですね。トップダウンで評価出来る治療家を目指します!
posted by masa84 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

魔法みたい!

奥様と子供さん二人が当院の患者さんで、今回はご主人が初めて来院されました。症状は歩行中左膝に体重がかかった時にズキッと痛むとのことで、こういった場合大抵は骨盤か膝の動作転位によるものが多く、今回も膝の動作転位でした。緊張をとり動作法を行い歩いていただくと「あれ?ぜんぜん痛くない。魔法みたい!」とのお言葉。うれしいですね〜。毎回こんな言葉が聞けるようもっと頑張ります。
posted by masa84 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

ジャンパー膝

バレーボールをする中学二年生男子。飛んだりしゃがんだりした時に膝が痛むので、近所の整骨院に行きオスグッドといわれた。なかなか改善しないので、ネットをみて来院。診てみるとオスグッドとは思えない。明らかにジャンパー膝で、パテラの上に痛みがありました。脛骨粗面に痛みがある場合などはオスグッドとの鑑別は難しいのですが、治療においてはそれほどオスグッドと違いはありません。ジャンパー膝は大腿四頭筋腱や膝蓋靭帯などに微小な損傷がおこり、無理をすると再発率が高く、けっこう厄介なスポーツ障害といえます。今回は動作時の骨盤の歪みを修正し、筋の緊張を取るだけで、痛みは消えました。ただすぐに練習を再開しないように少しずつやっていい事を指導して終了しました。
posted by masa84 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

変形性膝関節症

70代女性、一ヶ月前より両膝が痛くなり、整形外科で変形性膝関節症(膝OA)の診断。ヒアルロン酸の注射を2回受けたが改善せず当院に来られました。膝OAの場合、初期であれば早期の回復を望めますが、時間が経ったものや、変形の強いものなどは回復に時間が掛かることもあります。この女性の場合、比較的初期の段階であったので、自信を持って「大丈夫ですよ、すぐ良くなります」といったものの、初回は3割程度の改善にとどまり、2回目「何かが違う」と思ったので、じっと両膝を視診した。膝OAの方はO脚の場合が多くこの方は少しだけO脚で、その割りに回外足が強く、なるほど・・・と下腿(特に腓腹筋内側と後脛骨筋)を重点的に緩めました。すると立ち上がってもらったときに「すごい、かなり楽です」との事。視診の重要さをあらためて認識できた症例でした。
posted by masa84 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

膝の痛み

12歳のサッカー少年。1ヶ月前から右膝の内側がしゃがんだり、ダッシュした時にクリック音とともに痛みがはしるそうで、他の整骨院にて2週間低周波とマッサージとテーピングの治療を受けたが改善せず、もうすぐ試合があるので、何とかして欲しいと来院されました。この子の場合痛む動作をみた瞬間にねじれがあるとわかりました。案の定ねじれを修正するとすぐに痛みが消えました。しかしなぜ2週間も効果がない同じ治療を続けるのでしょう。大いに疑問です
posted by masa84 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

膝の痛み

右膝の内側が痛むと来院。整形外科でレントゲンをとり内側の軟骨がややすり減っていると言われ、シップをもらってきたとの事。歩行はもちろん、じっとしていても痛むそうで、検査すると、屈曲約100度で疼痛があり、圧痛は特に鵞足部に強く、ハムストリングス、縫工筋の緊張が著明でしっかりと緊張をとっていくのですが、患者さんの力がなかなか抜けなくて苦労しつつ、施術後屈曲してもらうとかかとが大腿後面につくかつかないかぐらいまでは曲がるのですが、まだ半分ほど痛みが残っているようで、動作転位を試すもそれ以上の改善はみられず、今日の所は深追いせず終了としました。力を抜いてもらうのも術者の技術であり、まだまだ勉強していかないといけませんね。
posted by masa84 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

膝外側の痛み

8歳の女の子。歩いていて突然膝外側がいたくなったようで、圧痛が腸けい靭帯遠位部と外側関節裂隙にあり、ちょっと触れただけでも痛む。膝の屈曲時、歩行時加重をかけると痛い。大腿部の緊張はあるものの、どうもおかしいと思い、背骨のゆがみ骨盤のゆがみを調べると、右のASISが下方変位している。そのゆがみをとり、股関節、大腿部の緊張をとって、加重をかけるときの動作転位をとると、痛みが消失。この子はまだ強いX脚があり、また骨盤がずれてくる可能性があり
今後も違和感を感じたら、診せにくるよう伝えて終了しました。

posted by masa84 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

膝裏の痛み

以前から、時折腰椎からの坐骨神経痛で来院されていた方が、歩いていると右膝の裏に電気が走ったような痛みがある。と言って来られたのですが、なぜかきちんと検査をせず、いつものように腰の治療をすれば治ると手抜きをしたせいで、2回の治療でも全く改善せず、その間骨盤、股関節と試すのですが効果なし。3回目よくよく聞いてみるとジッと立っていても正座してもジンジンする。とおっしゃたので、やっと膝を詳しく調べてみると、右膝の裏側がややベーカー膿腫様にふくれていて、患側の下肢の緊張を徹底的にゆるめるとあっさり痛みがとれました。手抜きや先入観のせいでこの患者さんにはつらい思いをさせました。深く反省します。
posted by masa84 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする