2010年02月23日

足指の痛み

バスケットボールをする中1の男の子、踏ん張った時やジャンプしたら足の外側が痛むと来院しました。検査すると第五中足骨の基底部に圧痛があり、あと内側縦アーチの低下が見られました。こういう症状で気をつけなければいけないのが、ジョーンズ骨折との鑑別です。ジョーンズ骨折とはサッカー選手など疲労骨折を起こす事で知られており、第五中足骨の基部で起こるいわゆる下駄履き骨折よりも、やや骨幹部で骨折をおこし、短腓骨筋という筋肉による牽引力で骨癒合が悪いのが特徴です。この子の場合は幸い第五中足骨がずれて痛みを引き起こしていただけなので(ずれる部分がピンポイントのため何度も確認しましたが・・)2回の治療でほぼ痛みは消えました。我々治療家は自分の守備範囲であるのかどうかの鑑別力は、非常に重要なんです。
posted by masa84 at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 足指の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする