2012年07月28日

院長特別治療

ギックリ腰で来院された60代男性。

初日は、近所の整骨院に行ったそうです。

そこの整骨院は、駅前の好立地で、しかも院の前で呼び込みをしているらしい。

招かれて院に入ると、「院長特別治療」というコースを勧められたそうで

それならばと、特別治療を受けられた。

何をするかというと、痛いところを延々と強く揉むのだそうです。

もちろん帰りも痛みは強くなり、その晩は痛みで寝られなかった。

もちろん意図があっての治療だと思いますし、たまたま合わなかったのかもしれませんが、急性の腰痛で患部を強くもむなどありえないと僕は考えます。

当院に来院された時は、寝ることも出来ませんし、身体の防御反応が異常に強く、かなり苦戦しました。

結局、完治に10日間で5回の治療が必要となりました。

自分が受けたわけではないし、僕も偉そうには言えませんが、呼び込みをしたり、悪化させる治療などのないよう、治療家として最低限の誇りは持って施術にあたってほしいものです。
posted by masa84 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ギックリ腰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。