2012年01月21日

膝窩筋

膝窩筋.jpg最近下肢の痛み(坐骨神経痛、半月板損傷、外脛骨、膝関節症)などで、膝窩筋をしっかりアプローチすると劇的に改善することが増えています。歩行時にヒザが伸びなくて歩きにくい場合でも1〜数回の治療で完全に伸びるようになることが多いです。もちろん膝窩筋だけの問題ではないですが、軽く流すようにアプローチするのと、しっかり丁寧に行うのとでは全然結果が違います。肩こりや腰痛でも効果があるのも、アナトミートレインの浅後線や深前線に大きく関わっているところを考えると納得できます。


posted by masa84 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐骨神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。