2011年12月22日

足首の痛み

70歳女性。一週間前段差でつまづいてから足首が痛くなり、シップを貼ったりしてしていたが、日に日に腫れと痛みが強くなり来院された。

歩行はもちろん患側に荷重がかけられない。

後脛骨筋腱 三角靭帯 遠位脛腓関節などに圧痛がある。

腫脹、熱感ともに高度であるが、可動域はそれほど悪くない。

どうもただの捻挫ではなさそう。

初回は腫れをできる限り抑えるため、毛細リンパ管の流れを良くするよう15分みっちり行った。

しかし痛みは2割減程度。多分空気を読んでの事なので、ほとんど変化はなかった感じ。

2回目来院時も相変わらず腫脹、痛みが強く、まずは下部腰椎から腰仙関節にかけて神経根に刺激を入れ、大殿筋の付着部 仙結節靭帯 梨状筋の順で緩めていった。その後に〇〇法、〇〇静圧 骨盤のモビリゼーションを行うと、劇的に効果があった!

2回目終了時点で8割減。3回目来院時にはほぼ痛みはなくなった。

以前なら自然に腫れが引くのを待つような消極的な施術を行なっていたと思うが、技術知識経験ともレベルアップ出来たと感じた症例でした。


posted by masa84 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 足首の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。