2010年12月15日

半月板損傷

半月板損傷で来院された30代男性。外側半月板の水平断裂で手術も難しいとMDから言われています。数回は一進一退を繰り返し、運動は出来ないまでも痛みが消えたので、しばらく様子をみることに・・・。
そして久しぶりに月曜日に来院。山登りをしてまた痛み出したとのこと。症状は階段の上りで右足を踏ん張った時に痛い。
以前もこの痛みがなかなか取れなくて苦労したので、今回は股関節をメインに治療を進めていくことにした。
緩めていくのは中殿筋後部繊維、大殿筋、内側広筋と筋連結を意識して、ソフトに行っていく。
その時点で5の痛みになり、次にFOAで臀部をさらにしっかりと行うが変化はなかった。
仰臥位で自動介助運動を行うと2の痛みまでになった。さらにもう一度自動介助運動を行うと違和感のみ残る。
後は階段の上り動作での関節軸や筋の横ずれを修正していく。
今回は鼠径部の筋の動作法で痛みの完全消失をみました。何度も荷重を掛けて行っても痛みが戻らなかったので、とりあえずは治療の方向性としては正解であったと思います


posted by masa84 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 半月板損傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。