2010年08月21日

寝違い


後ホ角筋.jpg




寝違いで来院された男性。頚の回旋、後屈と特徴的だったのは肩をすくめた後脱力した時の痛みがありました。僧帽筋や肩甲挙筋の緊張を取るとかなり楽にはなります。ただ重要なのは上図の斜角筋群。矢印部分の後斜角筋をしっかり緩めることが重要で、後斜角筋を触れるポイントは少ないのでその部を的確に捉えないといけません。後は胸椎の可動をつけるとかなり改善しました。・・・と偉そうに言ってますが、実は自分も昨日から寝違いで結構辛い思いをしています。息子との激闘が影響しているのでしょうか?患者さんの身になれるちょうどいい機会なので色々試しています。どうやらかなり深部にある多裂筋が悪さをしているようで、明日は超一流の先生方と会うので、治療してもらいます!

【関連する記事】
posted by masa84 at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 寝違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうでしたか?
楽になりましたか?
Posted by 会長 at 2010年08月22日 23:54
昨日治療してもらって、かなり楽になりました。先生もアドバイスをありがとうございました。
Posted by 高橋 at 2010年08月23日 07:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。