2010年03月23日

オスグッド?

2週間前より右膝が痛くて曲がらなくなり、整形外科と近所の整骨院でオスグッドの診断を受け、「成長痛だから仕方ない」といわれ、なんとか早期の復帰を目指し当院を受診されました。痛みは膝蓋靭帯に屈曲した時と圧痛があり、オスグッドといえばオスグッドのような状態でした。仰臥位でも90度も曲がらないぐらいでしたが、本人が居眠りしている間に、そっと曲げていくと完全に屈曲できるんです。恐怖心から曲げるのをためらっているようなので、初日は無理をせずある程度改善し「必ず治るからな」と安心させてあげるようにしました。2回目に完全に膝が曲げられる事を本人に自覚させるため、起きている間に痛みがない角度で少しずつ筋の緊張を取りながら、完全屈曲していきました。そのおかげで、安心感からどんどん改善していき、当院受診から5日後、計三回の治療で完治となりました。今回のキーワードは恐怖心から安心感です。ちなみにオスグッドの診断には?でした。運動過多からくる筋疲労で、膝蓋靭帯にストレスがかかっていたものと思われます。


posted by masa84 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | オスグッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。