2009年11月25日

変形性膝関節症

70代女性、一ヶ月前より両膝が痛くなり、整形外科で変形性膝関節症(膝OA)の診断。ヒアルロン酸の注射を2回受けたが改善せず当院に来られました。膝OAの場合、初期であれば早期の回復を望めますが、時間が経ったものや、変形の強いものなどは回復に時間が掛かることもあります。この女性の場合、比較的初期の段階であったので、自信を持って「大丈夫ですよ、すぐ良くなります」といったものの、初回は3割程度の改善にとどまり、2回目「何かが違う」と思ったので、じっと両膝を視診した。膝OAの方はO脚の場合が多くこの方は少しだけO脚で、その割りに回外足が強く、なるほど・・・と下腿(特に腓腹筋内側と後脛骨筋)を重点的に緩めました。すると立ち上がってもらったときに「すごい、かなり楽です」との事。視診の重要さをあらためて認識できた症例でした。
posted by masa84 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。