2009年04月22日

カレー事件死刑確定

ついに死刑が確定するんですね。遺族にとっては辛く長い戦いだったでしょう。私個人的には、殺人事件をおこすような人間は、死刑でも仕方がないと思っています。例え被害者が一人であろうとです。ただし自分が実際にいざ裁判員になったとしたら、10年も無罪を主張している被告に対して、死刑という判断が下せるかどうかわかりません。ある子供を残虐に殺めた被告の裁判で、私などは憤慨して「さっさと死刑にしたらええのに・・」などとほざいてたのですが、聞いた話では、死刑以外の選択肢はないほどの残虐性と反省のかけらもない態度の被告に対して、裁判長は死刑を言い渡すのですが、その直後からその裁判長は、何ともいえない悲しげで辛そうな後姿で、ずっと長い間窓の外を眺めていたそうです。その間誰もそばに近づけなかったという事を聞きました。残虐な許しがたい被告でも、人の命の期限を決めるという事はそれほど重いことなんやなと心の底から感じました。かといって死刑廃止に賛成では絶対ないです。


posted by masa84 at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはよう。久しぶりにお邪魔しました。

裁判長の話を読むと人の命の重さを改めて感じます。でもやはり死刑廃止には自分も反対です。

ところでGWはどうしてますか。
うちは4日の甲子園以外は何も決まってないのでまた都合つけば遊びましょう。
Posted by shioyan at 2009年04月24日 08:44
しおやん久しぶり。GWの予定はセミナーありラグビーの試合ありで、ほぼ埋まってしまっています。都合つけばまた連絡します。釣りでも虫とりでもバーベキューでもこれから最高の季節やな!
Posted by まさき at 2009年04月24日 18:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。