2009年01月21日

野球肘

五年生の男の子。投球の際加速期と屈曲した時に上腕骨内側上顆が痛くなり来院。投球動作をやらせると、内側にこねるような投げ方をするので、どうやらそれとオーバーユースが原因のようで、緊張を取り関節軸の修正でよくなるだろうと簡単に考えていたが、治療をすると屈曲時の痛みはきえるのだが、次に来院した時にはぶりかえしていて、それが2回もつづき、普段から右肘をかばうようにまた自己療法も指導すると、4回目の施術でやっとほとんどの痛みはなくなったのだが、実は今週の土日に試合があるようなので、それを無事乗り越えてやっと治癒といえる。それまで注意深く見守っていく予定です。


【関連する記事】
posted by masa84 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球肘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。