2008年11月17日

腰痛

体を左にねじった時と膝を高くもちあげた時に左の仙腸関節が痛む方がこられました。腰椎がやや左にねじれており、それにともなって左の起立筋がはっていて
、腹臥位で左下肢を動かし仙腸関節の動きをみると外側への動きが制限されており、ゆがみと筋緊張をとったあとからだの左回旋に仙腸関節をついていかせるように誘導してやると、痛みが消えた。膝の持ち上げは
PSISの動作転位をとることで解消した。自然形体では大体の痛みにはその場で結果が出ます。私程度の技術でもかなり効果があがります。まだまだ悩むことも多いですが、この療法にめぐり合えて本当によかったと思っています。
posted by masa84 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。