2008年11月07日

寝違い

寝違いで首が回らない方がこられました。特に左回旋と後屈時に強い痛みがあり、左の胸鎖乳突筋と肩甲挙筋、僧坊筋に緊張があり、仰臥位では枕がないと痛みが強く、枕をした状態で筋緊張をとっていく。とりあえず枕をはずせる状態にし、ほとんど左には首がまわらないので、上部頚椎を左回旋時に助けるようにしたり、とめてみたりしながら、動かしやすいように誘導していく。仰臥位ではほぼ回旋時の痛みはなくなったのですが、座位になると、半分ぐらいもとにもどってしまう。座位でもう少し筋緊張をとっていくもののあまりそれ以上の改善はありませんでした。今日はそれで終了しました。以前より寝違いは苦手としていました。痛みの軽減はややみこめるようになりましたが、まだまだ納得できる効果ではないですね。ある程度自分に足りない部分が見えてきたので、今後に生かそうと思います。
【関連する記事】
posted by masa84 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 寝違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。