2008年11月04日

膝の痛み

右膝の内側が痛むと来院。整形外科でレントゲンをとり内側の軟骨がややすり減っていると言われ、シップをもらってきたとの事。歩行はもちろん、じっとしていても痛むそうで、検査すると、屈曲約100度で疼痛があり、圧痛は特に鵞足部に強く、ハムストリングス、縫工筋の緊張が著明でしっかりと緊張をとっていくのですが、患者さんの力がなかなか抜けなくて苦労しつつ、施術後屈曲してもらうとかかとが大腿後面につくかつかないかぐらいまでは曲がるのですが、まだ半分ほど痛みが残っているようで、動作転位を試すもそれ以上の改善はみられず、今日の所は深追いせず終了としました。力を抜いてもらうのも術者の技術であり、まだまだ勉強していかないといけませんね。
posted by masa84 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。