2010年01月26日

半月板損傷

現在外側半月板損傷の方を二人施術しています。どちらも同じ年代の男性で、症状も似ています。ただ発生機転がはっきりしている方の治り具合が、圧倒的に早いです。それは発生機転により、施術の方向性がすぐに決まるからです。はっきりしていない場合はまず、捻れや横ずれを探し、痛む動作の際にどの筋肉が、異常をおこしているのか徹底的に調べないといけません。ただやみくもに施術しても、治癒を遅らせ、施術の精度が下がるだけなのです。結局は靭帯損傷を伴っていない限り、必ず良くなります。怪我をした時は、どの様にして痛めたのか、必ず覚えておく様にして下さい。
posted by masa84 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 半月板損傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

ER緊急救命室


ER.jpgER緊急救命室。これは僕の大好きな海外ドラマです。ドラマなどはあまり見ない僕が、もう15年ほど前からの大ファンで、当時はDVDなどなかったので、レンタルビデオ店で同じシリーズを3回以上も借りてしまうほどでした。それではもったいないという事で、数年前に思い切ってT〜[シリーズまでDVD購入に踏み切り、それ以来暇があれば見ています。僕は小さい頃から人の体に興味があり百科事典の人体解剖図をいつも見ていました。医療関係者、医学大好きな人は必見でしょう。スナフボックスの圧痛は舟状骨骨折を示唆するとか、コーレス骨折など僕達の身近な話題も出てきます。興味のある方は一度見てみてください。やみつきになりますよ!
posted by masa84 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

鼻炎


鼻炎.jpgいきなり失礼します。僕は二十歳の頃より鼻炎で、時々鼻水が止まらなくなります。鼻炎の薬を飲めば治まりますが、以前耳鼻科で、鼻が曲がっているため、手術をしないと治らないと言われました。この画像でわかりますかね〜?高校生の時ラグビーの練習中、巨体のY先輩にふっとばされて鼻が曲がりました。別にY先輩を恨んではないですが、この鼻炎は不思議で、僕は毎日6時前後に起きているのですが、休みの日に7時や8時の遅くまで寝ていると、鼻水が止まらなくなるのです。この症状も耳鼻科の先生に相談したら、軽く鼻で笑われただけでした。本人はいたって真剣だったのですが・・・。そのため休みであろうと、必ず6時過ぎには起きるので、一日が長く休みを十分満喫できるのです。治療家として、この鼻炎を研究するため、色々試してはいるのですが、今のところ頚椎を仰臥位で牽引すると楽になる・・・というぐらいしか分かっていません。自然形体的にも頚椎を治す事で、改善しているようなので、時間があれば、T先生にお願いしようかなと思っています。それにしてもでかい顔ですね〜がく〜(落胆した顔)
posted by masa84 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

触圧覚刺激法セミナー


触圧覚セミナー2 006.jpg昨日は触圧覚刺激法のセミナーでした。嫁と息子はららぽ〜と甲子園のキッザニアに行くので、一緒に出発。





触圧覚セミナー2 005.jpg子供らは海老江で阪神電車に乗り換え。楽しそうに去っていきました。さて自分は勉強勉強!ファンモンの「ヒーロー」を聴きながら気合を入れ会場を目指します。





触圧覚セミナー2 004.jpg今日もかなり勉強になりました。筋連結を頭に描き、しっかりと筋肉を捉え治療すると、こんなにも効果があがるのだと感心しました。帰りに寄ったカレー屋さん。ビーフカレーの特盛がかなりでかかったので写真を撮ったのですが、大きさはこの写真では伝わりにくそうですね〜。





触圧覚セミナー2 003.jpg午後からは頑張ったご褒美に、娘とデート。といっても買い物につきあってもらっただけですけど・・・。





触圧覚セミナー2 002.jpgそして家でクレープ作り。中学生にもなると何でもやってくれますね〜。





触圧覚セミナー2 001.jpg完成!結構おいしかったです。僕には充実した一日でした。今日からまたがんばろー

posted by masa84 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

第三回平泳ぎ対決


平泳ぎ対決3 002.jpg三年生の息子とまたまたまた平泳ぎ対決に生駒山麓公園の屋内プールにやってきました。過去二回とも負けているので、今回はさらに気合が入っています。ただここの駐車場が無料から500円になっていました。しゃーないでしょうね。





平泳ぎ対決3 003.jpgということでついに息子を破りました!この表情・・・かなり不機嫌です。息子に感想を聞くと「本気でやってない」と半ば泣きながらゆうてました。3年生の子供相手に何を・・・とおっしゃるかもしれませんが、父親は大きな壁でないとあかんのです。





平泳ぎ対決3 001.jpgご機嫌取りに「かっぱ寿司」。海老天握りのしゃりだけ先食って、エビだけ後の楽しみに・・・こいつアホやな

posted by masa84 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

スキー


スキー国境 012.jpg毎年恒例のスキーに行って来ました。今年は国境スキー場です。ここは国道沿いにありアクセスもよく、駐車場からリフトまでも近く大人気のようです。当日は3連休の中日でかなりの混雑が予想されたため、5時前に大阪を出発し、現地には7時頃到着しました。





スキー国境 011.jpgただ着替えや準備でぐずぐずしているうちに8時をまわり、すでにレンタルスキーは大行列!1時間弱のロス。





スキー国境 009.jpgリフト券についているこの金券は、国円(くにえん)といってスキー場内の施設で使えるお金で、もちろんレンタルスキーや食事にも使えます。





スキー国境 008.jpg1時半まで滑って、昼からはびわ湖周辺のドライブ。





スキー国境 007.jpg当日のお宿。近江今津駅近くのサンブリッジホテル。家族四人で1泊朝食付きで1万8千円。ただしベッドはシングルが二つのため、子供に蹴られながら寝ないといけません





スキー国境 006.jpg次の日は、去年も行ったびわこ子供の国。子供は大はしゃぎです。





スキー国境 005.jpg
スキー国境 004.jpg





スキー国境 003.jpg大人も大はしゃぎ・・・。しかしここはいつ来てもすいています。広くて安くて楽しいんですけどね。





スキー国境 002.jpg帰りに風車村に寄ってお土産を購入しました。





スキー国境 001.jpg夕方から娘がバレエのレッスンがあり、渋滞も嫌なので早めに帰宅したのはいいのですが、娘は谷町9丁目までバレエに・・・そして「今日レッスン休みやった」と言ってすぐ帰ってきました。なんじゃそら!

posted by masa84 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

腰部椎間板ヘルニア

年末足をひきずって来院された40代男性。整形外科でヘルニアの診断を受け注射が効かず、手術を示唆されたため怖くなって治療に来られました。初診時は強い痛みのため、積極的な治療は行わず3割程度の改善で、一週間後の年始1月4日にある程度動けるようになってきたので、ヘルニアに対しての積極的な治療を行いました。ヘルニアの治療で大事なのは、症状が消える腰椎の角度を探す事です。見つかればその角度で筋肉の緊張をとり、牽引をかけていくだけです。これがはまればおもしろいように治っていくんです。結局この男性は1月5日から仕事に復帰し、昨日の治療で痛みがなくなったため終了としました。この方は私の指導のとおり、睡眠時間を守り自己療法をおこなって頂きました。やはり治療はお互いの信頼関係が非常に重要なのです。
posted by masa84 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰椎椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

高校ラグビー決勝

決勝戦、ものすごくレベルが高かったように思いました。ミスは高校生なので仕方がないですが、特に接点の激しさや、その激しさの中にも冷静な状況判断は、かなりの猛練習が想像できました。ワールドカップの日本開催では期待できそう。全国のラガーマン達、頼むぞ!
posted by masa84 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

元旦


元旦.jpgあけましておめでとうございます。今年も目標は治療技術の向上と、自分の心の成長です。後は体重を減らす事。とにかく何事にも一生懸命取り組んでいきますので、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
posted by masa84 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする